女性ホルモンを増やす方法

女性ホルモンを増やす方法 | 具体的なコツ

女性の性の体やメンタルは女性ホルモンによって支配されているということは広く知れ渡ってきました。しかし実際には女性ホルモンが自分の体のどんな役割を担っているかについての知識はあまり知られていないようです。ホルモンと体や心の関係が、医学界でも注目を集めています。複雑で謎の多きホルモン。女性として欠かせない力ですので、女性ホルモンについておきちんとした知識を持ちましょう。

 

女性ホルモンが分泌される場所

卵巣からホルモンは出されます。厳密に言うと、卵巣の中の卵子の元となる卵胞の中の特別な細胞がホルモンを分泌しています。

 

女性ホルモンの役割

女性ホルモンといえば、妊娠・出産にかかわる大事なものであること、これが女性ホルモンの最大の働きといえるかも知れません。

 

しかしそれ以外にも女性が女性らしくあるために欠かせないことを補うのが女性ホルモンです。肌や髪の毛、爪などのハリや潤いを保つってくれるのです。

 

なぜなら女性ホルモンはコラーゲンの生成を促す作用があります。また骨密度を保ち、コレステロールを調節し動脈硬化を防ぎます。記憶力や精神安定も、女性ホルモンの働きの一部です。

 

更年期障害の人はこの女性ホルモンのバランスが崩れるために、女性ホルモンが担う役割が正常に発揮できなくなり、体重の増加、更年期うつなどの症状が出てくるのです。

 

女性ホルモンの種類

女性ホルモンには2種類あるということを知っていましたか?エストロゲンとプロゲステロンと呼びます。卵胞が成長していく過程で分泌されるのがエストロゲンです。排卵のときに卵子が飛び出し破れた卵胞から分泌されるのがプロゲステロンです。
主に美容系に関係するのが、エストロゲンです。肌や髪にツヤを与えたり、病気を予防し脳の機能を正常にするのは、このエストロゲンのおかげなんです。一方で、プロゲステロンは、にきびやむくみの原因となってしまいます、しかし、妊娠・出産に関わる大事な役割を担っています。生理前にむくんだりにきびができるのはこのプロゲステロンのためです。

 

ホルモンの量

ホルモンは少ない量で体に大きな影響を与えるものです。女性ホルモンの生涯の分泌量はティースプーン1杯分といわれています。そのため1回の生理周期で分泌される女性ホルモンは1兆分の1gといわれています。女性ホルモンの量は個人差はありませんが、ストレスや不規則な生活で一時的にホルモンの量が減ることはあります。
.
.
.